浄土真宗を憂う

西本願寺・東本願寺 浄土真宗各派のあるべき姿とは?

浄土真宗寺院出身者の声

「僧侶養成学校に通ったけれど」

佐賀県 梅田 司氏(仮名)



 氏は、佐賀県の西本願寺の末寺に生まれた。

 親鸞会との出会いは20数年前にさかのぼる。
 大学を卒業し、京都にある、寺の子弟を対象にした専門学校に在籍していた時だった。
 僧侶を養成する学校でありながら、

「死後はあるのか、ないのか」
「救われたらどうなるのか」

などの疑問に、何一つハッキリと答えてくれない。

 こんなところを卒業した青年が、やがて全国の末寺に帰り、住職となり、如来聖人から大切なご門徒をお預かりすることになるのに、いったい、どんな教化ができるというのだろうか。疑問はますます、深まった。

 やがて、縁あって参詣した親鸞会の御法話を聴聞し、初めて疑問が氷解したと語る。
 教えを説かぬ本願寺に見切りをつけ、寺の跡継ぎは兄にまかせて、単身富山へ赴いた。

 今は、親鸞聖人のみ教えを伝えるために活躍している。
 親鸞聖人のみ教えをご門徒の皆様にお届けすることこそ、寺に生れた者の唯一の使命なのだから。   

 

※掲載した個人名は、プライバシー保護のため仮名にしています。

 

>>次 「日本中すべての寺で、本当の親鸞聖人の教えを」

 

浄土真宗を憂う 西本願寺・東本願寺・真宗各派の発展のために|親鸞会会員の提言