浄土真宗を憂う

西本願寺・東本願寺 浄土真宗各派のあるべき姿とは?

浄土真宗寺院出身者の声

「聖人の教えを届けたい」 

兵庫県 山田秀貴氏(仮名)

 兵庫県の、本願寺派末寺に生まれた、山田講師は、大学で親鸞会に出会うまで、仏教が大嫌いだった。

「高2の時、京都西別院で得度しました。10日間の研修がありましたが、正信偈と御文章の、節のつけ方の練習以外、あまり覚えてません。たしか10日目に頭をツルツルにそって、本山でオカミソリを受けました。門主か誰かが、『君たちは今日から生まれ変わった。めでたい日や』と言いましたが、頭ツルツルで何がめでたいか、と思いましたね」

 寺生まれの高校生ばかりの研修会なのに、肝心の教義は全く教えられなかった。

 その山田講師、本願寺中枢と、浅からぬ因縁がある。

「父は、以前、全国教区会議長会の会長でした。だから、父の言うことは、本願寺の主張そのものなんです」。

 龍谷大学入学時に、親鸞会とご縁があった。

「大学では、仏法を学ぼう、と思っていました。高森先生の御法話を聞いていた先輩が下宿に来て、聖道門と浄土門とのちがい、一念で、さとりの位を51段高飛びする浄土真宗でないと助からん、という話をしてくれまして感激し、よしやってみようと思ったんです」。

 以来、土・日はもちろん、平日もほとんど欠かさず聴聞した、という。
 知らされた真実を、大切な御門徒の皆さんに、伝えずにおれなかった。

「大学2年のときから、毎月1日と15日、家の本堂で説法しました。門徒の皆さんに、親鸞会の話を知ってほしかったから」

 それでも、親鸞会の講師になる時はずいぶん反対されたという。四面楚歌での決断だった。

 宿善について、たびたび口論になったという。

「親鸞会は『宿善をもとめよ』と言いながら『善では助からない』というのが、おかしい、パラドックスだと、父はさかんに言いますね。宿世を、生まれる前の過去世に限定しています。また、聴聞はしなくちゃいかんが、善をせよ、という教えはない、とも言います。それでいて、自分は助かったつもりです。『ワシは極楽往生まちがいない。お前が何言ってもビクッともせんぞ』というのが口グセ。
何とか、真実をわかってほしいのですが」

 本願寺の学頭でさえ、返答につまる宿善問題である。これを正しく分かっている僧侶は、雨夜の星、時間がかかりそうだ。
 しかし、山田講師は「本当の親鸞聖人の教えを、一人でも多くの人にお伝えするしかありません」と、がんばっている。

 

※掲載した個人名は、プライバシー保護のため仮名にしています。

 

>>次 「寺を変える」|真宗寺院出身者の声

 

浄土真宗を憂う 西本願寺・東本願寺・真宗各派の発展のために|親鸞会会員の提言