浄土真宗を憂う

西本願寺・東本願寺 浄土真宗各派のあるべき姿とは?

浄土真宗寺院出身者の声

「寺を変える」

新潟県 澄川義文氏(仮名)

 親鸞会出版部に働く澄川氏は、真宗十派で三番目の勢力をもつ、真宗高田派末寺、D寺の長男として生まれる。
「寺生まれというひけ目が、常にありましたね。枕経、葬式、法事と、他人の不幸を食い物にする職業としか思えず、かなり悩みました」
が、その一方で、

「仏教がこんなものであるはずがない、という疑問もあり、キリスト教や神道などにはどうしてもなじめなかった」
とも語る。

 仏教の教えに興味をもったのは、高三の時、自坊で、住職であるお父さんが招待した、親鸞会の講師の説法を聴聞してから。

「後生の一大事が強烈でした。寺の話と全くちがう。死後の不安は幼少からあり、その原因がハッキリしましたね」

 以後、上京して大学生活に入り、求道も本格化。大学で絵画を専攻する。

 お寺の現状を、どう見るか。

「腹が立つ。嘆かわしいの一言です。これではいかんという僧侶はいても、打開の方法が分からない。私の父も、親鸞会の教えはすばらしい、と分かっていますが、本山を離れてまで、という気持ちはない。ただ、門徒に『白道燃ゆ』を勧めたり、親鸞会の説法をすすめたりはしています

 そういう住職は、あちこちにいると聞くが。

「そう思います。内心では親鸞会を認めてるんです。今後、親鸞会の存在が大きくなると、心ある僧侶は立ち上がるでしょう。いい例が大分のU住職ですね。これからドッと出てきますよ」

 これから寺をどうするか。

「両親は、私を跡継ぎにと考えています。その場合、まず寺に、正御本尊をお迎えしたい。そして周囲に流されぬよう、定期的に親鸞会の講師の法話を開きたい。
 現状に不満があっても、実際立ち上がれる方は、高森先生お一人です。寺院後継者は、ここに、一致団結したいですね」

 豪雪の越後に、改革の火が燃えている。

 

※掲載した個人名は、プライバシー保護のため仮名にしています。

 

 

浄土真宗を憂う 西本願寺・東本願寺・真宗各派の発展のために|親鸞会会員の提言